病院では治らない!?原因不明の腰痛とストレスの関係とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腰痛とストレス

何度も病院で検査をしたが「異常ありません。」と言われるだけで全く原因がわからない。

ストレッチや筋トレ、さまざまな治療を試したが痛みは変わらない。

もしかしたら自分の腰痛の原因はストレスかもしれない⁉︎そんな結論に至ったが、いまだにこの痛みがストレスによるものだとは信じがたい。

このように、原因不明の腰痛に悩んでいる人のなかには、本当にストレスが腰痛の原因なのか?

ストレスが原因の腰痛とはいったい何なのか?という疑問を持っている方も多い。

ここでは、原因不明の腰痛とストレスの関係についてご紹介する。

この記事を読むことで、あなたの腰痛の本当の原因が解明するかもしれない。

 

1.  ストレスが原因の腰痛について

腰痛の種類には2つある。

ひとつは悪性腫瘍、感染症、骨折など、画像検査や血液検査によって原因が特定できるもの。

もうひとつは原因が特定できないものだ。

そして、原因が特定できない腰痛は全腰痛患者の85%以上を占める。

ほとんどの腰痛は原因が特定できない、原因不明の腰痛ということだ。

あなたも知っているとおり、今まで腰痛の原因とされてきたものに、姿勢、腰への負担、椎間板ヘルニア、筋力不足、老化現象などいろいろな説があった。

あったと過去形にしたのは、これらはどれも腰痛の原因として根拠のないものだということがわかってきたからである。

身体的なものに原因を求めた結果、腰痛患者は増加し、医療費の高騰を招いた。

そして、一部の腰痛を除き、身体的な問題と腰痛の間には関連性がないという結論に至った。

今では、腰痛には心理・社会的な問題が関係しているというのが世界的な見解になっている。

「心理的ストレスで腰痛になることもある」というよりは、「ほとんどの腰痛には心理的ストレスが関係している」と言った方がいいだろう。

画像検査で確認できる脊椎分離症、脊椎すべり症、潜在性二分脊椎、腰仙移行椎、変形性脊椎症、ショイエルマン病は腰痛と無関係で、全腰痛患者の85%以上は原因が特定できない非特異的腰痛

van Tulder MW.et al.Spine 1997

 注:非特異的腰痛とは、原因を特定することができない腰痛のこと。画像検査と腰痛との間に関連性はないという研究報告。

2. 原因不明の腰痛は自然に回復する

世界の腰痛診療ガイドラインでは、腰痛を診療する場合にまず2つの腰痛に分けて診療する。

ひとつが前述した悪性腫瘍、感染症、骨折などの可能性のある腰痛だ。

これらをレッドフラッグ(危険信号)と呼ぶ。

このレッドフラッグは、全腰痛患者の1〜5%に過ぎない。

残りの95〜99%の腰痛はグリーンライト(自己限定性疾患)と呼ばれ、治療も手術も必要のない時間が経てば自然に回復する腰痛だ。

原因不明の腰痛とは、このグリーンライトのことを示す。

グリーンライトには、非特異的腰痛(原因の特定ができない腰痛)と神経根症状(腰から下にシビレや知覚異常があるもの)があるが、どちらも通常であれば自然に回復する。

グリーンライトの自然経過

非特異的腰痛
全腰痛患者に占める割合は80〜90%で6週間以内に90%の患者が自然に回復

神経根症状
全腰痛患者に占める割合は5〜10%で6週間以内に50%の患者が自然に回復

Fry pyre JW.N Engl J Med.1988

注:グリーンライト(自己限定性疾患)とは、時間の経過とともに、治療をしなくても自然に回復する予後良好の疾患のこと。

 3.  原因不明の腰痛の原因!?

自然に回復するはずの腰痛を再発、慢性化させる要因の一つとして考えられているものが心理的ストレスである。

レントゲンやMRIなどの画像検査を何度試しても原因が見つからない理由がここにある。

椎間板ヘルニアと診断された腰下肢痛患者46名と健常者46名をMRIで比較した結果、症状の有無は職業上の問題(心理的ストレス・集中力・満足度・失業)と心理社会的問題(不安・抑うつ・欲求不満・夫婦関係)の影響が大きい。

Boss N.et al.spine.1995

この研究から、椎間板ヘルニアと診断されても、腰に痛みを感じる人と、感じない人がいる。

痛みを感じる人と感じない人の違いは、職業上の問題と心理社会的問題の影響を受けているか受けていないかの違い。ということがわかる。

ここでいう職業上の問題というのは、肉体労働だから、腰に負担がかかる仕事だから腰痛になるといった身体的なものではなく、ストレスの多い仕事、仕事に不満がある、やりがいのない仕事、仕事上の人間関係がうまくいかないなどといった心理的なものである。

また、これらはイエローフラッグ(心理・社会的因子)と呼ばれ、患者自身の心理状態、行動、環境が腰痛の発症、再発、慢性化に大きく影響するということがわかっている。

原因不明の腰痛は原因が特定できない腰痛

心理状態、行動、環境などの要因が複雑に絡みあい、腰痛という原因不明の症状を引き起こす。

ある人は職業上のストレスが主な原因かもしれないし、ある人は家庭のストレスによるものかもしれない。

人それぞれ心理状態、行動、環境は異なり、100人いたら100人とも違う要因が考えられる。

原因不明の腰痛とは、原因がまったくわからないという意味ではなく、原因が多岐にわたり、それぞれが複雑に絡み合っていて特定できないという意味だと理解してほしい。

そしてその原因は、医療の守備範囲外にあるということも…

現在の医療現場では、医師が一人ひとりの原因を特定しケアすることは時間や、物理的な制約があり不可能だ。

今まで腰痛の原因とされてきた腰への負担、骨の異常といった体の問題から心の問題に目を向けてもらうだけでも相当な労力が必要になるだろう。

結局、いろいろ伝えたいことはあっても、便宜上「心配いりません。しばらく様子をみてください。」ということになる。

原因を聞いても明確な答えはなく、湿布を渡される。

患者としては原因不明のまま放置されたと感じ、医療に対する不信感、原因不明という不安や恐怖で腰痛をいっそう深刻なものにしてしまう。

なかには心ない一言に傷ついたり、やり場のない怒りに震えた人もいるだろう。

一部の医師や治療家のなかには無意識に、または意図的に患者に恐怖と不安を植え付ける者がいる。

それこそが腰痛を悪化させ慢性化させる元凶であり、医原病と言っていいだろう。

 

4.  原因不明の腰痛とストレスの関係まとめ 

体の問題を心の問題に置き換えることはすぐには難しいかもしれないが、腰痛に対する考え方や視点を変えることによって原因不明の腰痛を克服したという人は大勢いる。

ストレスで胃炎や胃腸炎になることは当たり前のように受け入れられているが、ストレスによって痛くなるのは胃だけとは限らない。

胃の代わりに腰が痛くなっても不思議ではない。

多くの人は、胃痛=ストレスというのは受け入れられるが、腰痛=ストレスというのは受け入れられない。

私達は、何年もの間、腰痛の原因は身体的ものとして教えられ、信じ込まされてきた。

医療現場では、腰痛と関連性のない画像検査を日常的に行い、科学的根拠のないものを患者に伝え続けてきた。

それを急に、目に見えない心理社会的な要因(イエローフラッグ)が腰痛の危険因子だと言われてもすぐには信じられない。

しかし、腰痛に対する考え方を変えない限り、今後も原因不明の腰痛患者は増え続けていくだけだ。

今回の記事で伝えたかったことは、体の問題から心の問題に目を向けてほしいということだ。

私たちは日々ストレスにさらされている。

そのストレスをどう受け止め、どう対処するかによって違った結果となる。

どうか、痛みに対して必要以上に不安や恐怖を感じないでほしい。

その不安や恐怖がやがてあなたの行動を制限し、痛みに注目させようとする。

そして、痛みに注目すればするほどさらなるストレスを生み出してしまう。

それぞれ抱えているストレスをひとつづつ解決することは、腰痛を治す方法としてとしても有効なことだし、ストレスを減らす方法を考えることは、腰痛の予防にもなる。

逆に考えれば、腰痛は、ストレス、生活習慣、感情、環境など自分を見つめ直す機会を与えてくれる。

いつまでもつき合っているわけにはいかないが、現在の自分の状況を知る為には必要なシグナルなのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛・背中の痛みでお悩みの方へ

痛み回復センター東京は、痛み不安を解決する整体院です。

  • 腰痛症
  • 急性腰痛症(ギックリ腰)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 脊椎すべり症
  • 座骨神経痛など

腰や背中の痛みでお悩みなら痛み回復センター東京へご相談下さい。


詳しく見る

SNSでもご購読できます。

体の「痛み」のこと。不安なこと。気軽にご質問ください。LINEで24時間受付中です。

LINEでのご質問、ご相談はこちら↓

LINEで質問する

コメント

コメントを残す

*