体の「痛み」の治癒を妨げるもの

本来、人には「痛み」や病を治す力、自然治癒力というものが備わっている。

この自然治癒力というものは一瞬たりとも休むことなく常に体を治そう、善くしようと働いている。

あなたが起きている時も、寝ている時も、「痛み」に苦しんでいる時も常に「健康にしよう」「治そう」と全力で頑張っているのであります。

私たちは、この「善くしようとする働き」「健康になろうとする働き」によって、はじめて健全な肉体を維持することができるのです。

ただし、「治そうとする力」の対極には「治させまいとする力」というものがあり「痛み」や病の治癒を妨げるのであります。

したがって、「治そうとする力」がいくら頑張っても「治させまいとする力」が抵抗している時はなかなか治らないということになるのであります。

続きを読む

体の「痛み」を治すもの

痛みと一口に言っても、マッサージの時の「イタ気持ちいい」と言われるある種の快感を伴う痛み、運動をした後の筋肉痛のように爽快感、達成感を伴う痛み。

そうかと思えば、腰痛、頭痛などの苦痛を伴う痛み。

胃痛や腹痛などの嘔吐や下痢といった他の症状を伴う痛み。

外傷や打撲などによる腫れや熱を伴う痛み。

同じ痛みでも心地よい痛みもあれば、苦しい痛みもある。

気にする間もなくどこかへ消えてしまう痛みもあれば、いつまでたっても消えない痛みもある。

心地よい痛みは十分に味わい、軽い痛みや一瞬の痛みは気にせずに忘れればいいのですが、苦しい痛み、治らない痛みはそうはいかないのであります。

これから記す「痛み」とは苦しい痛み、治らない痛みについてであります。

続きを読む

「痛み」はどこから来てどこに去るのか

「痛み」とは

「痛み」はすべての人が持つ共通認識ではあるが、今まさに痛みに苦しんでいる人や痛みを取り扱う仕事をしている人以外は痛みについて深く考えることもないだろう。

なぜなら「痛み」は自然に消えるからである。

痛みはどこからともなくやって来て、痛みの原因となる証拠も痕跡も何一つ残さずに去っていく。

どんなに激しい痛みであったとしても一瞬で消えてなくなることは珍しいことではない。

そして、次第に記憶から消えていくのである。

続きを読む

変形性股関節症の症状と治療法|治療の目的と「治る」とは

変形性股関節症の症状と治療法

変形性股関節症と一口にいっても痛くなったきっかけや、時期、症状は人それぞれ違います。

ジョギングなどの運動中に急に股関節に激痛が走った人もいれば、10代の頃から股関節に違和感や痛みを感じていた人もいます。

一般的に40~50代女性に多いとされる変形性股関節症ですが、実際には10~30代の女性や、男性でも変形性股関節症の症状で悩んでいる人は少なくありません。

ここでは、変形性股関節症の症状と治療法をご紹介します。

本当の意味で「治る」とはどんなことかを考えるきっかけにしていただけたら幸いです。

続きを読む

はじめに知っておきたい!変形性股関節症の「痛み」の原因。

変形性股関節症 原因

変形性股関節症と診断された方の中には「股関節の痛みだけでもなんとかしたい」「少しでも痛みを緩和したい」と思い、さまざまな治療法を試した人もいるのではないでしょうか?

筋力低下が原因と言われれば筋トレやストレッチ、骨盤の前傾や歪みが原因と言われれば整体やカイロプラクティックなど…

いったい何が痛みの本当の原因なのかわからずに治療を続けても迷うばかりで痛みはなくなりません。

結論から言うと骨の変形=痛みの原因ではありません。

ここでは、変形性股関節症の「痛み」の原因をご紹介します。

変形性股関節症の痛みの本当の原因を知り、迷いや不安をスッキリさせたい方は最後までお読みください。

続きを読む

片頭痛・緊張型頭痛|薬に頼らないで慢性頭痛を解消する方法

片頭痛・緊張型頭痛

 

頭痛の代表的なものに片頭痛と緊張型頭痛があります。

一般的な頭痛(くも膜下出血、脳腫瘍など、他の疾患が原因でない頭痛)のほとんどが片頭痛と緊張型頭痛といわれています。

片頭痛・緊張型頭痛というのは診断名(病名)を確定する上で必要かもしれませんが、実際には片頭痛と緊張型頭痛の混合型も多く存在します。

痛みは主観的なものなので、痛みの強さや感じ方は人それぞれです。

片頭痛だから、緊張型頭痛だからと、きっちり分けて考えると当てはまらない頭痛もでてきます。

頭痛の場合は、診断名から治療法を考えるのではなく、症状から治療法を考えるほうが自然といえます。

ここでは、片頭痛と緊張型頭痛の違いや共通点、頭痛に伴う症状から頭痛を改善する方法をご紹介します。

続きを読む

体の痛みと不安で苦しんでいるあなたへ

体の痛みと不安で苦しんでいるあなたへのメッセージ

痛みと一口に言ってもその症状は様々です。

電気が走るような鋭い痛み、体の奥から響くような鈍い痛み、息がつまるような重苦しい痛み、しびれを伴う痛みなど、痛みの種類や強さは一人ひとり違います。

痛みは目に見えません。

周りの人にどんなに詳しく説明しても本当のつらさは本人にしかわかりません。

ある意味「孤独」との戦いです。

病院に行けば、腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・変形性膝関節症・胸郭出口症候群…など名前を聞いただけでゾクッとする診断名を伝えられ、最悪の場合は手術をするしかないと宣告されて不安な日々を送っている人もいるでしょう。

※もしも、あなたが…

  • 痛み中心の生活から抜け出したい
  • 誰に相談したらいいのかわからなく一人で悩んでいる
  • 痛みや不安から解放されてぐっすり眠りたい
  • 筋トレやストレッチ、マッサージや整体などあらゆる手段を試したが効果がない
  • 薬を手放したい

というのであれば、この手紙を最後までお読みください。あなたの「痛み」と「不安」を解決する糸口が見つかることをお約束します。

続きを読む

目の奥やこめかみが痛い!知っておきたい群発頭痛の原因と症状

群発頭痛

群発頭痛はじっとしていられないほどの激痛をともなう頭痛です。

目の周りや目の奥、こめかみの激痛は数週間から数ヶ月続き、薬が効かないケースもあります。

重度の痛みにもかかわらず、くも膜下出血や脳腫瘍などの他の病気にともなう頭痛とは異なり、時間が経てば自然に回復します。

しかし、再発を繰り返したり慢性化する確率も高く、痛みと再発の不安に悩まされている人も多くいます。

ここでは、群発頭痛を改善する前に知っておきたい群発頭痛の原因や症状についてご紹介します。

続きを読む

緊張型頭痛・慢性緊張型頭痛|薬を飲む前に知っておきたい原因と症状

緊張型頭痛 原因

緊張型頭痛は、多くの人が経験するごく一般的な頭痛です。

生活に支障がでるほどの症状は稀で、病院に行かなくても市販薬ですませるか、時間が経てば自然に治ります。

ただし、緊張型頭痛の再発と慢性化には注意が必要です。

緊張型頭痛は他の頭痛に比べて症状は軽いと言われていますが、毎日のように頭が痛くては仕事も家事も集中できません。

再発を繰り返したり慢性化してしまうと薬を飲む回数も増え、薬による頭痛(薬物乱用頭痛)を引き起こす可能性も高くなります。

薬を手放せないという人は特に注意してください。

再発・慢性化した緊張型頭痛を改善するには、まず緊張型頭痛を知ることが大切です。

ここでは、薬を飲む前に知っておきたい緊張型頭痛の原因と症状についてご紹介します。

続きを読む

偏頭痛(片頭痛)|薬を飲む前に知っておきたい原因と症状

片頭痛の原因と症状

頭痛の中でもよく知られているのが偏頭痛(片頭痛)です。

偏頭痛(片頭痛)は、痛みで仕事や家事ができないなど、日常生活に支障がでる人も多い頭痛です。

軽い症状は市販薬で対処することもできますが、「薬を飲んでも効かない」「頭痛の回数が増えた」という理由で薬を頻繁に服用すると薬物乱用頭痛といった新たな頭痛を引き起こす危険性もあります。

偏頭痛(片頭痛)を改善するには、まず偏頭痛(片頭痛)とは何かを知ることが大切です。

ここでは、薬を飲む前に知っておきたい偏頭痛(片頭痛)の原因と症状についてご紹介します。

続きを読む