痛みとは

痛みとは

体の「痛み」を慢性化させる思考

同じ生活をしていても痛くなる人と痛くならない人がいる。同じ職場でも痛くなる人と痛くならない人がいる。痛くなってもすぐに治る人、再発する人、慢性化する人がいる。同じ人でも痛くなる時と痛くならない時がある。食事、ライフスタイル、遺伝、性別、年齢...
痛みとは

体の「痛み」を慢性化させる性格

アメリカの医師のFriedmanは狭心症や心筋梗塞といった「虚血性心疾患」にかかりやすい性格「タイプA」というものを提唱しました。「タイプA」の性格とは、競争心、敵対心が強い、短気、攻撃的といった傾向がある人です。この「タイプA」の人は、マ...
痛みとは

慢性の「痛み」と運動療法

慢性疼痛を克服するためにストレッチやウォーキング、筋肉トレーニング、ヨガなどを取り入れている人も多いと思います。 軽い有酸素運動や体操など適度に体を動かすことは「痛み」を治すだけでなく身体の健康にも良いのであります。 しかし、中には「痛み...
痛みとは

体の「痛み」と心の休息

息という文字は自らの心と書きます。 ここでいう心とは、いのち、生命、生きる力のことです。 つまり息とは、生きるの「いき」であり、活きるの「いき」であります。 人は水や食料がなくても何日かは生きることができるが、息(空気)がなければ1日と...
痛みとは

体の「痛み」と心の緊張

好きな人が近づいてきた時、嫌な人が近づいてきた時、人は緊張し、脈拍数は上がり、汗が出る。 善い感情も、悪い感情も心を緊張させて肉体に生理的な変化をもたらすのです。 ストレス、刺激と呼ばれているものが心を緊張させ、肉体を緊張させるのです。 ...
痛みとは

体の「痛み」を癒すポジティブな心

なかなか治らない「痛み」というものは憂鬱なものです。 「また今日も痛くなりそう。」 「痛みがひどくなったらどうしよう。」 「仕事に行きたくない。」 「何もしたくない。」 朝という1日の始まりに真っ先に思うことが「痛み」のことだという人もい...
痛みとは

体の「痛み」が教えてくれるもの

熱が出るのは熱により病原菌を殺菌するという体の自浄作用である。 嘔吐や下痢、咳や鼻水なども一種のデトックス(排毒作用)である。 では一体、「痛み」にはどんな作用(意味)があるのだろうか。 人は何のために「痛み」を感じるのだろうか。...
痛みとは

体の「痛み」の治癒を妨げるもの

本来、人には「痛み」や病を治す力、自然治癒力というものが備わっている。 この自然治癒力というものは一瞬たりとも休むことなく常に体を治そう、善くしようと働いている。 あなたが起きている時も、寝ている時も、「痛み」に苦しんでいる時も常に「健康...
痛みとは

体の「痛み」を治すもの

痛みと一口に言っても、マッサージの時の「イタ気持ちいい」と言われるある種の快感を伴う痛み、運動をした後の筋肉痛のように爽快感、達成感を伴う痛み。 そうかと思えば、腰痛、頭痛などの苦痛を伴う痛み。 胃痛や腹痛などの嘔吐や下痢といった他の症状...
痛みとは

「痛み」はどこから来てどこに去るのか

「痛み」とは 「痛み」はすべての人が持つ共通認識ではあるが、今まさに痛みに苦しんでいる人や痛みを取り扱う仕事をしている人以外は痛みについて深く考えることもないだろう。 なぜなら「痛み」は自然に消えるからである。 痛みはどこからともなくやって...
タイトルとURLをコピーしました